Windowsの大型アップデート

2015年に一般ユーザーへの提供が開始されたWindows 10。PCユーザーにとってすっかり定着した感があるOSですが、リリースからまだ6年しか経っていないのですね。筆者はもう10年以上使っている気がしています(笑)。

Windows 10は毎月のセキュリティパッチによりセキュリティが保たれ、半年に1回の中・大型アップデートにより機能が強化されており、たびたび問題も発生していることは弊社ブログでもお知らせしたとおりです。

米国時間6月2日、24日のオンラインイベントで「次世代のWindows」を発表する旨を明らかにしました。事前情報がほとんど公開されておらず「次世代のWindows」がどういうものになるかはわかりませんが、かなり大規模な変更が成されるという見方が強いようです。Windows 10はMicrosoft社が「最後のWindows」と言っており、今後Windows 11や12がリリースされることは無いようですが、「Windows 11」だと言っても良いくらいの変更があるかもしれません。

マイクロソフト、「次世代のWindows」を6月24日に発表へ

Yahoo! ニュース/CNET Japan

興味深い続報が出ればまたお伝えいたします。

前の記事

スーパームーン皆既月食